串本のダイビングポイント

串本のダイビングポイント紹介 ポイントマップ

内海

港から10分以内
中黒礁 最大水深10m。内湾特有の魚が見れる
アンドの鼻 期間限定ポイント。ここの砂地は一押し!
住崎 根魚が多く魚影が濃い。夏場はアオウミガメが高確率
備前 串本を代表するアザハタ、そしてハゼを見るなら外せないポイント
グラスワールド カゴカキダイの群れ、アオウミガメ、カラフルな魚と見どころ満載
サンビラ 通年潜れて泥砂があるのはココのみ
イスズミ礁 夏に群れるチョウチョウウオ玉は串本の風物詩

カゴカキダイ

アザハタ

アオウミガメ


チョウチョウウオの群れ

 

外海

潮が速い時もあり、海のコンディション次第では行けない場合もあります。ある程度のダイビングスキル、船に酔わないなどの条件が必要。港から約15~20分
搭の沖 比較的穏やかな外洋ポイント
沖の吉右衛門 トップ27m、底で45m。深場の生物が見れる
双島沖二の根 12mから30mまで落ちるドロップオフは爽快
ヨリコバ 魚影では串本1~2を争うポイントです
浅地 外洋の中ではもっともメジャー。地形が豪快!
島廻り シラコダイの群れが出迎えてくれるよ

カンパチの群れ


スジクロユリハゼ


ドロップオフ


イサキの群れ

 

ビーチポイント

車で5~20分
マリンセンター前 内湾の魚が見れる。一番荒れにくい
オレンジハウス前 串本のテーブルサンゴを見るならココ
シーサイド サンゴの種類が多く、透明度は一番抜ける
出雲 潮岬の東のあるので、ココだけ生物が違う

イチモンスズメダイ


カンパチの幼魚


テーブルサンゴ


サンゴの産卵